現在の時刻(JST)

プロフィール

道楽

Author:道楽
現在、過去の話題も追加していますので、バックナンバーもご覧になってみてください。

ご来訪有難うございます。

見えにくい方はこちらで

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

195:伊賀鉄道860系マルーン色復活

2009/02/07 (Sat) 23:56
 近鉄伊賀線から分社化された伊賀鉄道も、しばらく趣味的な話題に乏しかったのですが、このほど860系863Fが登場当時(このときの形式は820系)のマルーンに銀帯に復元され、2月7日にお披露目として撮影会・試乗会が行われました。
上野市車庫(2009.2.7)

 12時開始の予定が、あまりに人が多く集まったので10分早めて開門されました。ク763の車内では記念入場券と、この日から発売の「いがてつ飴ちゃん」、そして近鉄グッズが若干販売されました。狭い車内なので5人ずつに分かれて順番に車内に入る方式ですが、売れるのは記念入場券と飴ばかりでした。
ク763車内(2009.2.7)

 モ863の車内では中吊り広告枠を利用して、塗装工程などの紹介が行われていました。
モ863車内(2009.2.7)

  これが863Fの全景です。私もこの塗装は生駒線で見たことがあるのですが、記憶よりも茶色が強いような気がしました。人間の記憶なんてあやふやなものですが、赤色系のリバイバル塗装はとかく色合いについて色々言われることが多いですね。
 上野市車庫での撮影会は色々な行先表示を5分おきに掲出し、その間に前照灯や尾灯を付けると結構忙しい内容でした。これは現行の回送表示です。
上野市車庫(2009.2.7)

 続いて、近鉄伊賀線時代末期(ワンマン化後)の方向板。やはり、今よりもこちらの方が似合っていると思います。 
上野市車庫(2009.2.7)

 そして今回の目玉、登場時に付けていた大阪(上本町)~奈良間の「鹿の特急」マークです。前照灯・尾灯も特急表示にするほどの凝りようです。
上野市車庫(2009.2.7)

 最後は近鉄奈良線の普通板です。820系は難波に入線したことはないはずですが、後に登場した大型車とは板の大きさが違うためか、取付枠になかなか合わず、掲出には難儀していました。
上野市車庫(2009.2.7)

 撮影会も終わり間近になって、係員から「もうすぐニンジャケンが来ます。」と告知が。何やろうと思っていたら犬が2匹来ました。「忍者犬」でした。「大豆」と「小豆」という名前だそうで、今は刀を背負っているだけですが、前は犬用の忍者装束もあったものの、太ってしまって着られなくなったそうです。
上野市車庫(2009.2.7)

 863Fの営業初列車は上野市14:33発の伊賀神戸行きでした。正面には近鉄伊賀線時代の、ワンマン化前の方向板を出してきました。私が以前、通学に伊賀線をしようしていたときは、まさにこの板だったので、感激でした。
茅町~桑町間(2009.2.7)

 反対側(上野市側)はワンマン化後の板でした。
比土~上林間(2009.2.7)

 折り返しは予想通り、板を裏返して「上野市」でした。これも私には懐かしいです。
比土~上林間(2009.2.7)

 友人の車で追い越し、猪田道での交換シーンも撮れました。猪田道での交換はそう回数が多くなく、唯一の相対式交換駅なので、結構な人出がありました。現行色の編成との並びを期待しましたが、やって来たのは「くノ一電車」861Fでした。
猪田道(2009.2.7)

 方向板を掲出したのは最初の1往復だけで、以降は他の編成と同じく、窓の内側から掲出する現行タイプでの行先表示となりました。間の抜けた感じがするのは私だけでしょうか。
市部~猪田道間(2009.2.7)

 860系もいよいよ置き換えが噂されるようになり、今後の動きから目が離せなくなりそうです。これを皮切りに、次も何かやってくれるのでは?と期待してしまいます。
スポンサーサイト

地方私鉄トラックバック(0)|

198:水間鉄道「節分」ヘッドマーク

2009/02/02 (Mon) 21:04
 再び水間鉄道の話題です。水間観音で2月3日に開催される「厄除開運節分大法会」にあわせて、1月27日~2月3日に「節分」ヘッドマークが掲出されました。
三ツ松~三ヶ山口間(2009.2.2)

 今回も「葛城ポン太くん」が活躍しています。
(2009.2.2)

 「節分」マークは非貫通の1005・1007編成にのみの掲出でした。最近、「初詣」以外のヘッドマークはこの2編成にしか付けないことが多いように思うのですが、何か都合でもあるのでしょうか?
水間(2009.2.2)

地方私鉄トラックバック(0)|

197:三岐鉄道607Fさようならイベント

2009/02/01 (Sun) 23:59
 三岐鉄道で最後まで残った吊り掛け電車600形607F(元西武571系)も、751系(元西武101系)入線に伴い引退することになり、1月31日~2月1日にさようなら運転が行われました。
 私は天気予報が良く、保々車両区でもイベントが行われる2月1日に行ってきました。さようなら運転は定期列車を車両交換する形で行われ、保々発西藤原行きからスタートとなりました。
 出庫してホーム入線のため、入換中の607Fです。
保々(2009.2.1)

 友人Kさんの車に便乗して追跡開始です。午前中の西藤原行きは後追いしか順光になりませんが
、それでもいい感じに撮れます。
保々~北勢中央公園口間(2009.2.1)

 伊勢治田で列車交換の合間に追い越してもう一枚。逆光といえども、この辺りでクハ1608側も撮っておかなければと、あえて撮影してみました。
伊勢治田~東藤原間(2009.2.1)

 この他、有名撮影地はどこも結構な人出になっていました。
 丹生川の藤原岳バックも、
三里~丹生川間(2009.2.1)

 大安駅近くの宇賀川鉄橋も、三脚の放列ができていました。この日は風が強く、607Fが吊り掛けモーターを唸らせて近付いてきても聞こえないことが多く、慌ててカメラを取り出すこともありました。
三里~大安間(2009.2.1)

 いよいよ最後の1往復、営業運転では最後となる近鉄富田行きです。
保々~山城間(2009.2.1)

 この頃になると太陽も若干回ってきて、クハ1608の正面にも少しずつ日光が当たるようになってきました。後1往復走ってくれたら…。
暁学園前~山城間(2009.2.1)

 607Fの保々到着後、保々車両区では電車全形式+電気機関車で撮影会が行われました。時間の関係で正面が影になってしまったのは残念ですが、これだけ並ぶと壮観です。 
保々車両区(2009.2.1)

 新鋭751系と並ぶ607F、751系は1月27日頃から運用を開始していましたが、この2編成が営業運転で顔を合わすことは遂にありませんでした。
保々車両区(2009.2.1)

 工場では部品や模型の展示、記念入場券と廃車部品の販売が行われていました。失礼ながら三岐鉄道側の段取りはお世辞にもいいとは言えず、会場の入場に長蛇の列を作らせておきながら、事前告知には何も書いていなかった整理券をいつの間にか配布して、その所持者を先に入れたり、開場後、100枚限定の記念入場券購入で再び並ばせて参加者から不満の声が出たりと、結構混乱していました。恐らく、三岐鉄道としてはこんなに大勢の客が来るとは思っていなかったのではないかと思います。607Fさようなら運転のヘッドマークも、早速1枚がオークションに出されていました。
保々車両区(2009.2.1)

 保々車両区の端には、部品取り用の西武101系が2両置いてありました。
保々車両区(2009.2.1)

地方私鉄トラックバック(0)|

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。