現在の時刻(JST)

プロフィール

道楽

Author:道楽
現在、過去の話題も追加していますので、バックナンバーもご覧になってみてください。

ご来訪有難うございます。

見えにくい方はこちらで

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

124:島原鉄道キハ20形南目線入線(12月の巻)

2007/12/26 (Wed) 23:47
 今年後半の話題といえば、偶数月の島原鉄道キハ20形の南目線(南島原~加津佐間)入線が大きいと思います。10月に続いて、12月22~24日の重連運転に行って来ました。
 今回も友人MさんとKさんに車を運転して頂いたので、1列車を2~3回撮影できましたが、比較的マシなカットを1枚ずつ貼っていきます。

12月22日
午前:2016(旧国鉄一般色)+2008(旧国鉄首都圏色)

 あまり島鉄らしくない編成だと思いますが、首都圏色のキハ20が見られるのは今や島原だけなので、貴重度は高いと思います。
 しかし単行ならかわせた電柱も、重連となれば厳しいです。
有馬吉川~東大屋間(2007.12.22)

 加津佐からの返しは名物、竜石の俯瞰で。
竜石~西有家間(2007.12.22)


午後:2003+2006(旧島鉄色重連)
 今回、私たちの間で最もポイントの高かった「ヒゲ」の島鉄旧塗色重連編成。それなら一番島原らしい場所ということで、曇りですが誰が見ても判る雲仙普賢岳バック。
深江~布津新田間(2007.12.22)

 超有名ポイントの口加斎場横からの俯瞰アングル。早朝でないと順光になりませんが、曇り気味だったので何とか撮影できました。
加津佐~白浜海水浴場前(2007.12.22)

23日
 22日の夜に島原駅で運用チェックしていると、驚いたことにトロッコ列車牽引用のキハ2011が単行で運用に入ったので、翌朝の諫早からの返しを迷うことなく撮影に行きました。車両の都合での突発運用だったそうですが、驚きました。
松尾町~三会間(2007.12.23)

午前: 2018+2019(現島鉄色重連)
 曇りで普賢岳も雲に隠れてしまったので、カーブを俯瞰気味に撮ってみました。
深江~布津新田間(2007.12.23)

加津佐からの返しは竜石の海岸べりでアップで狙ってみました。
竜石~西有家間(2007.12.23)

 この日は団体があったそうで、早朝にキハ2016+キハ2008が1往復南目線に入り、定期運行の終わったはずのトロッコ列車が昼間に南島原~深江間を往復しました。急に出てきたので、慌てて撮影にまわる有様でした。朝のキハ2011の出番は、キハ2016+キハ2008の急遽出動によるものだったそうです。 これも驚かされました。
瀬野深江~安徳間(2007.12.23)

午後:2016(旧国鉄一般色)+2008(旧国鉄首都圏色)
 前日と同じ編成です。
深江~布津新田間(2007.12.23)

 島原から一挙に雲仙を越えて、森山で再び撮影しました。
森山<br />~干拓の里間(2007.12.23)


24日
午前:2016(旧国鉄一般色)+2003(旧島鉄色)

 何とか忌まわしい電柱をかわせました。
竜石~北有馬間(2007.12.24)

 返しはやっぱりヒゲがよく判るように撮りたいということで、竜石の海べりでアップで。
竜石~西有家間(2007.12.24)

午後:2019(現島鉄色)+2006(旧島鉄色)
 新旧の島鉄色ですが、この間に別の色を塗っていた時期があるので、これで塗装変更時の過渡期の編成を再現というわけにはいきません。
竜石~北有馬間(2007.12.24)

 現地で会った知人Bさんに、加津佐を出てしばらくのところの撮影場所を教えてもらいました。やはりヒゲはアップです。しつこくても、そう撮ってしまいます。 
加津佐~白浜海水浴場前(2007.12.24)

 最後なのでもう一枚、東大屋~有馬吉川間の徐行区間です。急カーブなのと土砂崩れの恐れがある場所なので、ほとんど停車直前まで減速します。手前の道路との間に柵はなく、わずかな距離ですがえちぜん鉄道や江ノ電を連想させる区間です。
東大屋~有馬吉川間(2007.12.24)

 今回も楽しませてもらいましたが、次回はやっぱり、3月のさよならイベントになるのでしょうか…。
スポンサーサイト

地方私鉄トラックバック(0)|

123:函館市電のササラ電車

2007/12/03 (Mon) 22:45
 12月2日に「電鉄倶楽部」さんが函館市電のササラ電車をチャーターされるというので駆けつけました。
 前日の夜に参加者の皆さんとジンギスカン食べ放題宴会の後、函館駅前のホテルに戻ると、終電後の末広町行き臨時電車でこんなのが来ました。11月29日~2月29日に運転中の「第7回 冬の夢・ひかりの電車」です。
函館駅前(2007.12.1)

 さて当日、駒場車庫で出庫準備中のササラ電車4号です。今日はこれが走ります。
駒場車庫(2007.12.2)

 市民会館前で待っていると、先に9601号「らっくる号」が来ました。前日に乗ってみましたが、軌道の状態が余りよくないので、ゴツゴツ振動がきました。
市民会館前(2007.12.1)

 いよいよササラ電車の登場です。この日は曇りでしたが、急に小雪がちらつき初めました。演出効果はバッチリです。
市民会館前(2007.12.2)

昼間に見る「ひかりの電車」は案外地味でした。
湯の川温泉(2008.12.2)

 今回の運転は駒場車庫前~湯の川間4往復で、落ち着く間もなく湯の川から帰ってきました。
湯の川~湯の川温泉間(2007.12.2)

 2本目が出た後に、530号も出てきました。いつ見ても渋くてかえって新鮮です。
市民会館前(2007.12.2)

 何とか2両の並びを撮ろうとしましたが、このアングルが精一杯でした。 
湯の川~湯の川温泉間(2007.12.2)

 最近、あまり話題に登らなくなりましたが、部分低床車8101号も健在です。
市民会館前~湯の川温泉間(2007.12.2)

 元東京都電の1004号も出てきました。
湯の川温泉(2008.12.2)

 ササラ3本目との並びを撮れました。
市民会館前~湯の川温泉間(2007.12.2)

 3本目にもなると徐々に晴れてきました。駒場車庫前行きは正面が影になるものの、ササラには日が当たっていました。これは順光と言えるのかどうか…。
市民会館前~駒場車庫前間(2007.12.2)

 すごい積雪でもないのに急に引っ張り出された4号も、4往復走ってようやく入庫です。短区間での運転とはいえ私たちが手を振ると徐行してくれ、車が多いと撮影できるようになるまで停車してくれるので、1分の1の模型を走らせているような感じでした。お疲れ様でした。
駒場車庫前(2007.12.2)

 札幌と違って、函館のササラ電車は少々の降雪では出動しないので、本格出動シーンを見るのは至難の業ですが、それでも一度は雪を豪快に跳ね上げて走る姿を見てみたいものです。
路面電車トラックバック(0)|

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。