現在の時刻(JST)

プロフィール

道楽

Author:道楽
現在、過去の話題も追加していますので、バックナンバーもご覧になってみてください。

ご来訪有難うございます。

見えにくい方はこちらで

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

117:和歌山電鐵「おもちゃ電車」登場

2007/07/29 (Sun) 23:48
 「いちご電車」が好評な和歌山電鐵で、今度は「おもちゃ電車」が7月29日から運行開始しました。
 この日は伊太祁曽駅でお披露目イベントが行われ、車庫構内での展示やグッズ・地元特産品販売が行われましたが、鉄道ファンよりも地元民とおぼしき家族連れが多かったです。
伊太祁曽車両区(2007.7.29)

 「おもちゃ電車」に大変身を遂げた2276F、和歌山県海南市のおもちゃ販売業者"TJ Grosnet"のプロデュースで、デザインは「いちご電車」と同じドーンデザイン研究所によるものです。JR九州などで見慣れたはずの色調ですが、やはり第一印象がどぎついです。
伊太祁曽車両区(2007.7.29)

 車体だけでなく、クーラーキセや連結器も赤で統一され、徹底しています。これは「いちご電車」でも同じですが。
伊太祁曽(2007.7.29)

 車内も原型がどんなのだったか分からないくらい改装されました。まずは連結面付近に設けられたおもちゃのショーケース、積み木からプラモデルまで結構な種類のおもちゃが並べられ、子供よりも大人の注目を集めていたように思います。
伊太祁曽(2007.7.29)

 座席の背もたれがところどころ、このように替わっていました。「おもちゃ電車」の面目躍如です。
伊太祁曽(2007.7.29)

 この座席は子供が大喜びでまたがっていましたが、大人だらけの通勤時間帯にどうするのかと…。座布団がないので座席定員にはカウントされないのかも知れませんが、ちょっと遊びすぎのような気がします。
和歌山(2007.7.28)

 最大の特徴は2276のドア横に設けられた「ガチャガチャ」、これ自体を久しぶりに見ましたが、ここで消しゴムなど和歌山電鐵グッズの一部も購入できます。
伊太祁曽(2007.7.29)

 2706の座席中央部にはベビーベッドが。通勤時間帯には…(以下略)。 
伊太祁曽(2007.7.29)

 このようにお遊び満載の「おもちゃ電車」、通勤で乗ると大変そうですが、休日に、特に鉄道に興味のない人を連れて乗りに行くと、いい話題になること間違いなしでしょうね。 
伊太祁曽(2007.7.29)

 展示会の後、いよいよ伊太祁曽16:20発の和歌山行きから営業運転開始です。満員の乗客を乗せて出発して行きました。
伊太祁曽~吉礼間(2007.7.29)

 「いちご電車」2271Fとの顔合わせも実現しました。こうやって見ると、最初は奇抜に思えた「いちご電車」も、案外大人しめなデザインだったなと思いました。
日前宮(2007.7.28)

 日前宮から「おもちゃ電車」に乗って和歌山駅に戻ると、JRのホームに人だかりができていました。見ると7月21日~8月12日に紀勢本線で運転されている「ありがとう きのくにシーサイド号」が入線したところでした。
和歌山(2007.7.28) 

 やはりJRファンの方が数は多いなぁと思いつつも、背後にこれだけド派手な「おもちゃ電車」が入線しているのに気付く人は少なく、私鉄ファンとしては寂しいところでした。
スポンサーサイト

地方私鉄トラックバック(0)|

119:京阪石坂線「夏祭り号」

2007/07/28 (Sat) 21:19
 またもや京阪石坂線です。今度は7月17日~8月30日に605-606が「夏祭り号」となって運転されています。昨年の「夏真っ盛り号」に引き続いての運転で、車体のラッピングは例によって京都芸術デザイン専門学校の学生によるものです。
浜大津~三井寺間(2007.7.28)

 「夏真っ盛り号」では前面にビールジョッキや枝豆が大きく描かれて、一部で話題になりましたが、今年はそれらが側面に回され、祭うちわになりました。「夏祭り号」ですからごもっともなのですが、「何かおとなしくなったなあ」というのが正直な感想です。
三井寺~浜大津間(2007.7.28)

 石坂線ではもう一つ、7月21日から「700形トーマス号」(703-704)がお目見えしています。7~9月に行われるイベントに関連してのものですが、こちらは来年1月まで運転されます。なお、京阪線でも7000系7002Fがこれより更に派手なラッピングを施されていますが、こちらは撮影でき次第UPしたいと思います。
浜大津~三井寺間(2007.7.28)

路面電車トラックバック(0)|

118:近鉄の鮮魚列車

2007/07/22 (Sun) 01:17
 近鉄の鮮魚列車は2680系2684Fが専用車となって運転されていますが、検査などで入場すると、他の車両が代走することになります。
 この7月に2684Fが検査入場したのに伴い、2610系2612Fが代走に入ったというので撮影してきました。
安堂~河内国分間(2007.7.21)

 代走編成には方向板が掲出されます。近鉄の方向板掲出は方向幕の故障かイベント列車でもない限り、ほぼ全滅しているので滅多にない機会です。
 また、鮮魚と行商人を乗せるという性格上、座席にはビニールシートが巻かれていますが、鮮魚列車に近寄ってみると、失礼ながら結構その手の臭いがするため、この程度でどこまでふせげるのかは疑問です。なお、冬でも車内の暖房は使用されません。
榛原(2007.7.21)

 夕刻に上本町を出る松阪行きは、榛原で列車待避のため長時間停車し、冬場でも撮影は容易です。それよりも気になるのはいつ見ても松阪行きががら空きなことで、運転時刻を見直した方がいいのでは?と思います。実際、これより遅い時間の特急や快速急行に仕事を終えた行商人が乗ってくるのですが、これも失礼ながら自分の横に大きい籠などを従えて座られると結構、凄いです。何が凄いかは皆さんのご想像にお任せしますが、なるべく鮮魚列車に乗って頂きたいものです。
榛原(2007.7.21)

関西大手私鉄トラックバック(0)|

115:琴電30形さようなら運転

2007/07/08 (Sun) 23:57
 7月7~8日、琴電30形(元京急30形)で最後まで残っていた志度線27-28の さようなら運転が行われました。
 7日は福井鉄道と京阪のイベントがあったため、8日だけ行ってきました。

 両日とも、志度線を3往復走りましたが、志度まで入るのは最初の1往復だけで、残り2往復は大町折り返しとなるため、1往復目の撮影名所となる房前駅周辺は、近年の琴電では稀に見る人だかりでした。
房前~原間(2007.7.8)

 ヘッドマークは前後で異なる図柄のものが掲出され、この日は志度側28がかもめ(前任地の京急沿線をイメージしたものでしょう)、瓦町側27が京急時代の塗色を模した赤に白帯のデザインでした。前日は前後逆に掲出していたそうです。
房前~塩屋間(2007.7.8)

 30形といえば、かつての長尾・志度線では7編成14両の最多勢力で、撮影していてこれが来ると「はずれ」で、「ババや!」などと言われていましたが、残り1編成となれば人気急上昇、最後の花道を盛大に飾ってもらえるとは幸運な車両です。
IMG_2007.jpg

 ちなみにこの27-28は本来なら既に廃車されているはずのところを、車両計画の変更で2年ほど寿命が延びていたもので、悪運の強さは琴電一だったのではないでしょうか。保存の話も聞きましたが、既に京急では1両が保存されており、琴電入線の際に前面を貫通化して原型が崩れていることもあって、結局解体されるそうです。
IMG_2038.jpg

 この日は日曜日でしたが、琴平線では長尾線用の1300形(元京急1000形)が試運転中で、さようなら運転の合間に撮ってきました。黄緑一色なのはこの後、文字等を貼り付けて「おーい、お茶」の広告電車になるためです。
IMG_2046.jpg

 さようなら運転は午前中で終わり、午後(13~15時)には今橋検車区で撮影会が行われました。
今橋検車区(2007.7.8)

 ファンの人が持って来た京急の急行板も付けられました。やはり、琴電ファンというよりも京急や東京の鉄道ファンが大勢来ていたのでしょう。琴電では「ババ」でも、京急ファンにとっては「生きる化石」の伝説的な存在だったと思います。
今橋検車区(2007.7.8)

 何だかんだ言っても、この30形が琴電で一時代を築いたのは間違いないことで、本当にお疲れ様でした。
地方私鉄トラックバック(0)|

116:京阪交野線の七夕伝説

2007/07/08 (Sun) 23:51
 今年も恒例の京阪交野線での七夕イベント「ひらかた☆かたの 七夕伝説」が、7月7日に開催されました。
 毎年、平日だったので行くには苦労するのですが、今年の7月7日は土曜日となり、大手を振って行けるはずが、福井鉄道200形イベントと重なってしまい、結局、福井から慌てて駆けつける羽目になってしまいました。

 14時過ぎに武生を出て、何とか明るいうちに交野線へたどり着き、7月1~7日に交野線の全列車に掲出中の「七夕伝説」ヘッドマークを付けた1919Fを撮影できました。 
交野市(2007.7.7)

 さて、毎年のイベントでメインとなるのは私市駅での臨時K特急「おりひめ」と準急「ひこぼし」の出会い(並び)なのですが、両方とも通常は平日のみの運転なので、今年は単に「織姫」だけにした(しかも漢字に変えてある)ヘッドマークを付けた1929Fを1番線に留置し、そこに「彦星」マーク付きの定期列車1919Fが並ぶという演出に変えられました。
 まずは私市到着直後の1929Fと、定期列車の10005Fとの並び。別にどうってことない風景ですが、私市駅も、駅手前の踏み切りも、この時点で既に大混雑でした。
私市(2007.7.7)

 「彦星」マークを付けてきた1919Fが私市に到着し、いよいよ七夕の並びです。昨年までは1回限り4分間のみでしたが、今年は1919Fが5往復にマークを付けるので並びも5回、これはかなり助かります。
私市(2007.7.7)

 暗くなってきたので私市駅に戻りました。並びも3回目にもなれば段々人の数も減ってきて、私たちもいい加減飽きてきたので、4回目の並びを見てから現地を後にしました。
私市(2007.7.7)

関西大手私鉄トラックバック(0)|

114:福井鉄道200形イベント

2007/07/08 (Sun) 23:41
 7月7~8日、福井鉄道でリバイバルカラーになった200形の特別運転イベントが行われました。
家久~上鯖江間(2007.7.7)

 3編成が昼間に一堂に走るという、最近では滅多にない機会でしたが、定期列車の運用に入って3本連続で来られると、撮影場所を移動する事ができず、3編成とも近い場所で撮らざるをえませんでした。
上鯖江~家久間(2007.7.7)

上鯖江~家久間(2007.7.7)

 メインイベントはむしろ運転が終わった後の撮影会で、西武生の車庫に3編成が並んだのは壮観でした。並べる準備が終わるのを待っていると、社員さんに「行先どうします?」と聞かれたので、田原町行きで201=普通、202=準急、203=急行に揃えてもらいました。
西武生車両工場(2007.7.7)

 今回は2日間のイベントでしたが、後の予定が詰まっていたので、後ろ髪を引かれる思いで武生を後にしました。「後の予定」が何かについては次のエントリー以降ですぐにばれます(笑)
地方私鉄トラックバック(0)|

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。