現在の時刻(JST)

プロフィール

道楽

Author:道楽
現在、過去の話題も追加していますので、バックナンバーもご覧になってみてください。

ご来訪有難うございます。

見えにくい方はこちらで

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

66:長野電鉄の新旧特急車

2006/11/20 (Mon) 22:58
 長野電鉄では小田急電鉄から10000形"HiSE"を譲り受け、日本車輌で4連化や自社工場で若干の改造のうえ、1000系「ゆけむり」と名を改めて12月9日のダイヤ改正からデビューするべく準備が進められています。
 11月18日に日本車輌鉄道同好部さんがこの「ゆけむり」の試運転をされるというので、私も参加させてもらいました。

 この日試乗するのは既に落成した第1編成(1001F)でしたが、集合が午後だったので、それまでの間、試運転中の姿を撮影しました。試運転は須坂→湯田中→信州中野→須坂→長野→須坂→信州中野→須坂というルート(途中に挙げた駅で長時間停車する)で行われており、電車でも比較的追跡しやすいので、沿線では思ったよりも多くの同業者の方々が撮影していました。小田急時代と同じ塗り分けですが、長電で塗り替えた際に赤い部分が2000系と同じと思われる色になったため、鮮やかになっていました。 長電に到着した頃のくすんだ姿を見ていた者には驚くばかりです。
延徳~桜沢間にて(2006.11.18)

 試乗会は須坂~信州中野間の往復でしたが、思った以上に乗り心地がよく、走行音も静かです。展望席からの眺めは画像の通りですが、沿線風景よりも駅通過時に、突然やってきた見慣れぬ電車に驚く一般乗客の姿が印象的でした。雪景色の中やりんごの収穫時期に展望席に乗ると、間違いなく眺めは最高だと思います。
延徳駅を通過中の展望席から

 中間車も基本的に小田急時代のままですが、2000系に比べて格段にレベルアップするにも関わらず、全車自由席で特急料金が現行と同じ100円というのが凄いです。
中間車の車内

 試運転は不定期ですが、11月下旬には第2編成が改造工事を終えて出場してくるので、12月9日に間に合わせようとすると、ほぼ毎日試運転しないと間に合わなくなると思います。
須坂車庫で改造中の第2編成(2006.11.18)

 というわけで、翌日も試運転が行われるというので撮ってきました。横がちに見ると、小田急時代の11両に比べていかにも短いです。友人が「実物大Bトレインショーティー」と呼んだのに頷いてしまいました。
夜間瀬~信濃竹原間にて(2006.11.19)

 12月9日のダイヤ改正後は特急はA・Bの2種類に分けられ、日中に運転されるA特急は原則1000系の専用となり、2000系は早朝夕方に運転されるB特急のみに使用されます。1000系が入場・故障すれば2000系の出番になるとはいえ、普段は日中に2000系の姿は見られなくなります。
 また、朝にあった特急車の普通運用もなくなり、運用数自体が減ってしまいます。

 2000系は現在3編成があり、製造年次がバラバラなので、細部を見ると結構違いが見つけられます。
・A編成(1957年製 モハ2001-サハ2051-モハ2002)
 長野オリンピックの際に方向幕が英字入りに替えられた中で、なぜかモハ2002だけは英字なしのままで残っています。
2000系A編成 延徳~桜沢間にて(2006.11.18)

・C編成(1959年製 モハ2005-サハ2053-モハ2006)
 今回のダイヤ改正で引退しますが、昨年のB編成引退時とは違って、「さようなら運転」などのイベントは行われないそうです(「ゆけむり」関係のイベントに手を取られるため)。
2000系C編成 柳原~村山間にて(2006.11.18)

・D編成(1964年製 モハ2007-サハ2054-モハ2008)
 他の3編成より遅れて登場したD編成は正面のスカートが特徴です。当初は名鉄パノラマカーをモデルに前面展望車にする計画もあったとかで、それが登場から42年経って1000系で実現したわけです。
2000系D編成 朝陽~附属中学前間にて(2006.11.18)

 登場から40年も第一線で活躍してきた2000系も、遂に脇役へ退くと思うと感慨深いですが、完全に引退したわけではないので、今後代走で昼間に走れば、それだけで話題になりそうです。 
須坂駅にて(2006.11.18)

スポンサーサイト

地方私鉄トラックバック(0)|

65:名鉄「ミュースカイ」ローレル賞受賞

2006/11/05 (Sun) 00:42
 今年度の鉄道友の会ローレル賞を名鉄2000系「ミュースカイ」が受賞し、11月4日に授賞式が行われました。ローレル賞は名古屋では同時に愛知高速交通(リニモ)100形も受賞しており、前日にはこちらの授賞式も行われました(私はここへ行っていたため行けませんでしたが)。
中部国際空港駅でのローレル賞授賞式(2006.11.4)

 当日は中部国際空港駅で式典の後、11:20発の新鵜沼行き特急(2011F)を記念列車として三柿野まで延長運転されました。2011Fの貫通扉には楕円形のステッカーが貼られましたが、名鉄にしては大人しいデザインでした。
りんくう常滑~常滑間にて(2006.11.4)

 三柿野到着後はそのまま停車して撮影会となりました。運転時は窓ガラスに「快速特急|三柿野」のプレートが貼ってありましたが、撮影会ではそれを行先表示器で示しており、なぜわざわざプレートを作って貼ったのか不思議です。なお、このプレートは犬山遊園駅で開催された「鉄道部品バザー」で販売されていました。
三柿野駅にて(2006.11.4)

 撮影会終了後、新鵜沼まで回送された2011Fは8連に増結され、夜まで中部国際空港~新鵜沼間の快速特急に充当されていました。
新鵜沼~犬山遊園間にて(2006.11.4)


関西大手私鉄トラックバック(0)|

64:渋谷に戻ってきた(?)東急5000系

2006/11/04 (Sat) 23:48
渋谷駅ハチ公口に置かれた5001カットボディー(2006.11.4)

妻面から見たところ(2006.11.4)

関東大手私鉄トラックバック(0)|

63:東京都営地下鉄5200系さよなら運転 など

2006/11/04 (Sat) 23:36
 11月3日、東京都営地下鉄浅草線5200系さよなら運転が行われました。私は今まで5200系を泉岳寺駅で一度見たことがあるだけなのですが、6連2本(末期は8連1本に編成替え)の少数派は気になる存在で、最近は泉岳寺~西馬込間にほぼ専用されていたものの、最後になって久しぶりに地上を走るというので、行ってみました。
松飛台~大町間にて(2006.11.3)

 記念列車は西馬込~千葉ニュータウン中央間を事前に発売された乗車券を購入した客を乗せてノンストップで往復しましたが、都営浅草線が全線地下のため、乗り入れ先の京成押上線や北総鉄道線内でしか撮影できないのは妙な感じがしました。
 千葉NT中央到着後は折り返しのため、1駅先の印西牧の原まで回送され、しばらく留置されていましたが、当然、この間は撮影会状態になり、ちょっとしたパニックになっていました。
印西牧の原駅にて(2006.11.3)

 今回は都営地下鉄独自のイベントであるにも関わらず、どういうわけか北総鉄道でもイベントとして案内されており、千葉ニュータウン中央駅で復路の西馬込行きの乗車券を発売していたのは北総鉄道の駅員さんでした。
千葉ニュータウン中央~小室間にて(2006.11.3)

 北総鉄道に乗るのは数年ぶりでしたが、その間に開業時から活躍を続けてきた7000系の廃車が進められており、残るは7003F1本だけになっていました。この日は運良く5200系に近い時間に運用されており、さよなら列車が通過した後もほとんどのファンは7000系が来るまで待っていました。昨年くらいまでは、羽田空港へ行くときなどに京急線内でよく乗った7000系が、追っかけの対象にされているとは驚きました。私と同世代の車両でもあり、今でも斬新なスタイルなので、このまま引退させてしまうのは非常に惜しいです。
千葉ニュータウン中央~小室間にて(2006.11.3)

 引退と言えば、東京メトロ東西線の5000系も残り少ないということで、日暮れにもめげず帰りに寄ってみました。北総線で会った知人から「休日は動かないのでは?」とも言われましたが、5本ほど電車をやり過ごすと運良く走ってきました。初めて東西線に乗ったときは営団の車両が全てこの5000系で、面白くないと思ったのが今では非常に罰当たりなことのように思えます。来年にインドネシアへ行けば再び会える5000系ですが(笑)、イベントに限らず、普段意識せず普通に乗る車両でもきちんと記録しておくことが大切だと実感しました。
南行徳~行徳間にて(2006.11.3)


地下鉄・新交通システムトラックバック(0)|

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。