現在の時刻(JST)

プロフィール

道楽

Author:道楽
現在、過去の話題も追加していますので、バックナンバーもご覧になってみてください。

ご来訪有難うございます。

見えにくい方はこちらで

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

54:名古屋地下鉄「すごい車内会議」

2006/09/18 (Mon) 23:10
 桃花台新交通や名鉄瀬戸線訪問のため、名古屋へ行こうと思い、名古屋在住の友人に連絡すると、「地下鉄東山線に面白い電車がいる」というので見てきました。
本郷~藤が丘間にて(2006.9.18)

 教えてもらった時間に駅で待っているとやって来たのは車体を緑にラッピングされた5168F、その名も「すごい車内会議」というそうです。車内の広告スペースに著名人の環境に関するメッセージが掲出され、利用客からも同じくメッセージを募集することで、皆で会議をしているという設定だそうで、9月中に運転されています。
 で、友人が「面白い」と言ったのはこの企画ではなく、5168Fのラッピングが「琴電に譲渡された車両みたい」だからだそうで、私も最初見た瞬間は「あ、長尾線」と思ってしまいました…。

 名古屋の地下鉄はラッピング電車が盛んで、この日に撮影できた車両の写真を並べてみます。
本郷にて(2006.9.18)

藤が丘にて(2006.9.16)

 「すごい」といえば、私は名城線の「ドラゴンズトレイン2006」もすごいと思います。
大曽根にて(2006.9.18)
スポンサーサイト

地下鉄・新交通システムトラックバック(0)|

53:さようならピーチライナー(桃花台新交通)

2006/09/17 (Sun) 22:07
 桃花台新交通(ピーチライナー)が9月限りで新交通システムでは初めて廃止になるというので、行ってきました。
 これまで、接続する名鉄小牧線には何度も乗っているのですが、ついに立ち寄る機会もなく、また名鉄に乗っていて小牧手前での併走区間でも走行中のピ-チライナーすら見たことがないという状態で、最後の最後になってようやく、駆け込み乗車を果たしてきました。

 どんな閑散路線でも、廃止の1か月前ともなれば、そろそろ混んでくるものです。私も覚悟して行きましたが、小牧駅に行くと、このような状態でした。
閑散とした小牧駅入口

 ピーチライナーはこの100系に統一されていて、この手の車両にしては落ち着いたデザインなので、このまま廃車するとすれば非常に惜しいです。
小牧原~小牧間にて

 両端の駅には折り返し用のループ線があるため、運転台は片方にしかありません。こちらは運転台のない方(つまり、常に後方を向いている)ですが、どことなく北京の地下鉄に似ているので私は好感を持てました。
桃花台西~桃花台センター間にて(2006.9.16)

 駅には同好の方々もいましたが、乗ってみればそれほど混んでいるわけでもなく、休日の午後とはいえ、これでは廃止になるのも仕方ないと思えるほどの閑散ぶりです。それでも、先頭車最前列の座席だけは、いつも真っ先に埋まっていました。 
100系車内

 これが終端のループ線です。これは桃花台東駅で撮影したものですが、ループ線をくぐって延長できそうな構造になっています。実際、高蔵寺までの延長計画もあったらしいのですが、これが実現していたら、このような結末にはならなかったのではと思います。現在、高蔵寺~桃花台間は名鉄バスが結んでおり、ピーチライナー廃止後はJR春日井駅を結ぶ路線を新設するそうで、今更の話ですが、名鉄小牧線よりもJR中央本線と接続しておいた方がよかったのではないでしょうか。
桃花台東にて(2006.9.16)

 沿線は決して人口が少ないわけではなく、桃花台ニュータウン自体も街としては完成しているのですが、中間駅は桃花台センターを除くと、昼間はほとんど人影は見えませんでした。
人気のない桃花台西駅ホーム

 改めて調べてみると、開業は平成3年3月25日だそうで、もうちょっと前に開業していたと思っていたので、意外に新しいのに驚きました。わずか13年で役目を終えるピーチライナー、廃線跡の高架橋をどうするのかが今最も気になります。

地下鉄・新交通システムトラックバック(0)|

52:叡山電鉄「京都検定号」

2006/09/10 (Sun) 22:33
 最近、英検や大検ではなく、趣味的な内容の「~検定」がやたら増えてきたような気がしますが、その嚆矢となったのは「京都・観光文化検定試験」(京都検定)だと思います。テキストを読んでみると、内容が趣味というには余りにも高度で驚いたのですが、その京都を走る叡山電鉄では8月1日から10月31日まで「京都検定号」が運転されています。
鞍馬駅にて(2006.9.10)

 これはギャラリー電車「こもれび」(デオ815-816)の車内広告枠に検定の問題を掲出したもので、「こもれび」では通常、月単位でこのような展示が行われています。
車内に掲出された問題

 私も自分の席から見える範囲の問題に挑戦して見ましたが、当然、解らない問題の方が多かったです…。
出町柳~元田中間にて(2006.9.10)

【追記】
 しばらくblogを見ていない内に、アクセス数が10,000を越えていました。こんな取るに足りない内容にも関わらず、見て頂いた皆様にはこの場を借りて厚く御礼申し上げます。 
地方私鉄トラックバック(0)|

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。