現在の時刻(JST)

プロフィール

道楽

Author:道楽
現在、過去の話題も追加していますので、バックナンバーもご覧になってみてください。

ご来訪有難うございます。

見えにくい方はこちらで

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

51:福井鉄道 保存車めぐり

2006/08/27 (Sun) 23:52
 名鉄からの低床車導入で6月に引退した福井鉄道の旧型車のうち、モハ122とモ562がめでたく保存の運びとなりました。

 まずモ562(元北陸鉄道金沢市内線モ2202→名鉄岐阜市内線モ562)は故郷の金沢での保存を目指してJR貨物の関連会社「ジェイアール貨物・北陸ロジスティクス」に引き取られました。8月12日に西武生からトレーラーで搬出されたモ562は、とりあえず8月末まで金沢貨物ターミナル近くのホームセンターの駐車場に置かれています。
駐車場に留置中のモ562

 搬送の都合でパンタと何故か片方の排障器が外されていますが、駐車場の区画に自動車に混ざって何気なく置かれているのはかなりシュールです。横や前に車を停めて車内から見ると、少しだけ福井市内の大名町(市役所前)や新木田(木田四ツ辻)交差点の雰囲気を味わえます。
駐車場で車と並ぶモ562

 モ562はこの後、一旦庫内に収納され、保存場所を探しつつ金沢時代の姿への復元を進める予定とのことですが、近づいてみると車体は腐食と老朽化がひどく、これを直すのは相当な手間と費用が必要ではないかと思います。

 一方、越前市今立赤谷町の農園に引き取られたモハ122は、8月10~11日の深夜に現地へ運ばれました。噂には聞いていましたが、保存場所は公共交通機関で行くのは難しい山間部の農村で、車であれば北陸道鯖江ICから車で25分ほど、「小次郎公園」(この辺りは佐々木小次郎の生誕地とのこと)の近くです。途中、赤坂、庄境といったかつて福井鉄道南越線(昭和46年廃止)が走っていた集落を通ります。モハ122も、南越線を偲んだ農園のご主人が保存を決意されたそうです。
 こちらは現役時代そのままの姿で、正面にはさようなら運転の際に貼られたステッカーまで残っています。車内には電線を引き込んであるので、集会などに使うことを考えられているのかも知れません(車内へは貫通路から入るようになっています)。なお、車内見学には事前に予約が必要です。
モハ122の保存状況

 今回は外観を周囲から眺めただけですが、上屋を付けた方がいいのでは…と思うと、果たして入口近くに上屋設置のための募金箱(竹筒)が置いてありました。なお、保存場所は農園の一角で、周囲に農機具が置いてあったりするので、撮影には広角系レンズを持って行かれることをお勧めします。なお、モハ122はあくまでも個人所有の敷地に置かれていますので、その点は要注意です。
スポンサーサイト

地方私鉄トラックバック(0)|

50:まだまだ京阪石坂線

2006/08/26 (Sat) 22:41
 このところ、執念で追っかけしている京阪石山坂本線ですが、8月1日からまた新しいラッピング電車「夏真っ盛り号」(605-606)が登場しています。これは7月4~7日に運転されていた「七夕電車」(私は撮影できなかったので、ここに画像はありません)に続いて、京都芸術デザイン専門学校生によってデザインとラッピングが行われたものです。実は先週もこれを目当てに浜大津へ来ていたのですが、入庫していて無駄足に終わり、今回ようやく撮影できました。9月上旬までの運転なので、基本的に土休日しか動けない私には8月最後の週末で何とか間に合ったというところです。
三井寺~浜大津間にて

 デザインは側面がひまわりに花火にかき氷にと一般的な夏のイメージですが、正面を見ると石山寺側がビール、坂本側が枝豆と、ある一定の年齢層を狙ったように思えるのが特徴と言えば特徴でしょうか。夏をイメージしたラッピングは他社でも見られますが、広告を除いてビールと枝豆が出てきたのは恐らくこれが初めてではないかと思います。
三井寺~浜大津間にて

関西大手私鉄トラックバック(0)|

49:和歌山電鐵「いちご電車」登場

2006/08/14 (Mon) 08:20
 かねて予告されていた通り、和歌山電鐵(わかやま電鉄)貴志川線で「いちご電車」への改装工事が進められていた2271-2701が竣工し、8月6日のグランドオープンから運転を開始しました。私は6日には行くことができず、翌週になってようやく初対面を果たしてきました。
 事前に運用を聞いておき(本社に問い合わせると教えてくれる)、伊太祁曽駅に行くとイメージイラスト通りの姿になった2271Fがいました。左の南海色も登場時は派手な色だと思いましたが、今回はそれを上回る目立ち方で、さすがはJR九州や岡山電気軌道で勇名を馳せたドーンデザイン研究所の手になるだけのことはあります。赤く塗られたクーラーキセが一層インパクトを強くしています。私は馬のたてがみを連想してしまいましたが…。
伊太祁曽にて

 この日は午後からの出庫でしたが、意外にも貴志川線は午後に適した撮影ポイントが少なく、更には全身真っ白なので夏の強い日差しに当たると露出オーバー気味になり、撮影には苦労します。
伊太祁曽~吉礼間にて

 派手な外観に対して、車内も苺尽くしで奇抜ですが落ち着いた感じで、「いちご」から想像する赤一色のイメージとはかなり異なり、好感が持てました。連結部寄りの座席は木製の物に取り替えられ、2701側にはカウンターが設けられています。ここでコーヒーを販売する計画があるそうです。
2701車内

 伊太祁曽駅ではうちわやTシャツ、記念乗車券などの「いちご電車」グッズが発売されていましたが、私は貫通路にかかっている暖簾がいいデザインなので、これもぜひ発売してほしいと思います(笑)
2271車内

続きを読む »


地方私鉄トラックバック(0)|

48:京阪「きかんしゃトーマス」ラッピング電車

2006/08/14 (Mon) 06:49
 このところ、全線のどこかでラッピング電車が常に走っている京阪では、8月1日~9月3日に開催されている「きかんしゃトーマス」スタンプラリーと同時に、またラッピング電車が登場しました。
 今回は先日UPした石坂線615-616の他に本線7203F・10003Fもラッピングされ、京津線と男山ケーブル以外の全線で「トーマスとなかまたち」が走り回ることになりました。

 まずは本線7203F、今までになく派手なので、ぱっと見では京阪電車とは分からないくらいです。
大和田にて

 一方の10003Fはこの日、交野線で運用されていました。これもラッピング車両としては派手な部類に入ると思いますが、7203Fを見た後ではかなり大人しいデザインに見えました。
星ヶ丘~村野間にて

関西大手私鉄トラックバック(0)|

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。